東京都内で交通事故にあったら相談した!腕利き弁護士ランキング!

     

top > 弁護士情報 > 交通事故に強い弁護士を東京で探す

交通事故に強い弁護士を東京で探す

 東京には交通事故の示談交渉や損害賠償請求に強い弁護士がいます。東京で交通事故に遭ってしまったら、弁護士にできるだけ早く相談して味方になってもらうのが一番です。事故に巻き込まれて被害者になってしまうと、いろいろな面で多大な損害があります。けがの治療のための入通院、物損、休業による収入損害などです。また、被害者になってしまうと精神的にも当然大きな苦痛があります。
 被害者はこうしたいろいろな損失に対して相手に損害賠償請求する権利を認められています。示談交渉は、相手にいくら支払ってもらうか、またその内容について決定する話し合いです。この示談交渉ですが、加害者は任意保険に付加の示談交渉代行サービスを使うため保険会社が交渉にあたります。保険会社は示談交渉のプロなので、被害者には安めの賠償金の見積もりを提示することがあります。そこで、東京で交通事故の被害者になってしまい相手の保険会社と交渉をすることなったら、示談交渉が得意な弁護士の先生に相談をして交渉を代行してもらうのが損をしないポイントです。


 交通事故問題に強い弁護士を東京で探し慰謝料相談

 東京には交通事故専門の弁護士がいて、被害者を親身にサポートしています。事故で被害者になってしまうと、大きな損害を受けます。その損害の中で、身体的なケガや物損被害、収入の損失とともに忘れてならないのが精神面でのダメージです。被害者は被った損害について相手に賠償請求でき、その項目の中の慰謝料が精神的な苦痛に対する賠償金にあたります。この慰謝料には、ケガの治療費や物損の修理代などとは異なる難しいところがあります。それは、精神的苦痛に対する賠償金という特質から個人差が大きいというところです。
 そのため、事故の中身が同じ程度なのに慰謝料の額が全然違うという不公平を減らす目的で交通事故の慰謝料には算出基準があります。ところがこの算出基準はひとつではなく、自賠責の基準・任意保険の基準・裁判の基準と3つあり使う基準ごとに金額が違ってきます。慰謝料が一番安く計算されるのは自賠責の基準、高額なのは裁判の基準です。東京で交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉を専門に取り扱う弁護士に相談して裁判基準の慰謝料交渉をしてもらうのが示談交渉で損をしないために重要です。


 交通事故に強い弁護士を東京で探して後遺障害の相談

 東京の交通事故専門の弁護士は、被害者になってしまった方の味方になり相手の保険会社との交渉を代行したりいろいろなアドバイスで示談交渉をサポートしています。事故に遭ってケガをすると、そのケガの治療が終わっても固定的に症状が残ってしまうケースがあります。その症状によって要介護となったり、労働の能力が下がってしまうといった影響があると後遺障害として認定されます。後遺障害に認められると、障害の内容や種類、程度を示す等級が認定されます。この等級により、障害分の慰謝料や労働能力の低下によって将来的にも減ってしまう収入を逸失利益として賠償請求可能です。後遺障害の等級は自賠責の審査会に認定申請します。申請は、相手の保険会社に任せる方法と被害者が自身で手続きする方法があります。
 この後遺障害の等級で慰謝料や逸失利益の金額が変わりますから、相手の保険会社に任せるよりも被害者自身で手続きするのが安心です。東京の交通事故専門の弁護士は、後遺障害の等級認定申請に必要な医学面の知識も豊富で被害者に役立つアドバイスをしたり申請をサポートしています。

次の記事へ