徹底リサーチ☆大阪の鍼灸専門学校

HOME > 大阪の鍼灸専門学校について > 鍼灸師になるための大阪の専門学校選び

鍼灸師になるための大阪の専門学校選び

鍼灸師を目指すなら、大阪にある専門学校で国家試験に向けた勉学をし、国家資格を取得することが必要です。
授業時間も国規定より上まわるカリキュラム編成であれば、鍼灸師として必要な知識だけでなく、実際の現場を想定しなければならない臨床実習にもじっくりしっかり取り組むことができるでしょう。
地方から評判を聞きつけて、大阪の専門学校に入学する高校3年生、高校既卒者もいるはずです。
入学を強制しないものの、受験料もかからない模擬試験を受けてみましょう。
高3では、推薦入学選考・一般入学選考にて受験も可能です。
この時にはオープンキャンパスに参加してみましょう。
大阪の専門学校によって入試受験料の免除もあるようです。
また、筆記試験がないからブランクのある社会人には朗報となる入試、気を付けたいのはオープンキャンパスに参加していない場合には、面接だけでなく、国語・作文が必要となる点ですから、この機会は見逃せない内容です。


大阪の専門学校でも、医療系国家資格者を育成するのに特化している学校を選びたいものです。
というのは、特定医療行為は有資格者のみができる内容です。
鍼灸師の場合では、鍼や灸を使ってツボを刺激し、病気の治療や予防を行え、効果や治す、こうした謳い文句が使えます。
鍼や灸を使った体験、在校生がコツを教えてくれるオープンキャンパスに参加してみることも、3年間学ぶ上で、時間や学費をムダにしない選び方としてポイントになります。
学校説明会や学科説明、館内の見学、体験実習やら個別相談もできる1日のスケジュール、親にとってみれば学費やら奨学金についても納得できるまで相談できる内容です。
また、大阪以外から参加するのなら、オープンキャンパスのために前泊することもあるでしょう。
専門学校によってホテルタイプの寮を借りることができたり、食事も提供してくれるケースもあります。
パンフレットだけでは良さは分からず、実際オープンキャンパスに参加することで、他との違いがはっきりし、比較検討できるでしょう。
専門学校といっても、鍼灸師という同資格でも雰囲気や指導の仕方も違います。
また保護者同伴であれば、実習の様子を見て安心もできるでしょうし、3年制教育の必要性を理解できた声も聞かれるほど、参加意義があるようです。


鍼灸師として学ぶことにより、独立開業権も与えられるので、将来、鍼灸院を開設することも可能です。
また、定年がない職業であるということもポイントのようで、講師陣は現役で活躍しているなど、定年がないからこそ、二足のわらじで指導されているようです。
また、自分自身が健康になれるのも魅力でしょう。
高校既卒者の方にとっても似たようなことがいえます。
副業としたり、もちろん、鍼灸師として転職することも可能ですが、多くの方は夜間部を選択しているようです。
比較してみれば、昼間部と比べて学費の負担も軽いようで、鍼灸師学科では50万円ほどの差があるようでした。
定年がないため、在学中の生徒の中には50代という年齢からでも学んでいます。
今までのキャリアがムダになる不安も無きにしも非ず、ですが、講師陣も荒波を乗り越え、これまで培ったノウハウは伊達ではなく、知識・技術以上に、信頼されるためのコミュニケーション力を重要視した授業を行ってくれます。
鍼1本で病を診る、治すことができる鍼灸師に興味を持つにも年齢の壁はなく、セカンドライフを充実させるために、医療専門学校に入学することは可能です。

次の記事へ

PAGE TOP